すべては芦屋プリンから
お取り寄せ限定プリン「芦屋プリン 想」トップへ

美味しい芦屋プリンの為の素材

おいしいと言ってもらえる芦屋プリンの為の素材の話
プリンのための素材
シンプルだからこそ本当に美味しい素材でなければ美味しいプリンにはなりません。
添加物を否定する訳ではありません。食卓がこんなにも便利に豊かになった陰には添加物の恩恵が少なからず有ります。
しかし、その陰で犠牲にして来た物もたくさん有ったはずです。

私たち「芦屋ぷりん とあっせ」では出来る限り生産現場に出向き、生産現場の方々に直接話を聞き、自分達の目で確かめています。だから「少しでも安心して食べられる物を、美味しい物を作りたい」という誠実な生産者の方々のお陰で、今日も新鮮な食材が届くのです。

驚きの美味しさが感動を呼び、やがて笑顔で満たされる。
これこそが「芦屋ぷりん」の使命なのです。
だから、芦屋ぷりん とあっせでは使用原材料について出来る限り詳しく公表いたします。

ノンホモ低温殺菌牛乳牛乳
出来る限り牛にストレスを与えないようにし、安全な飼料(no−GMO、抗生物質フリー)で育った牛(丹波、但馬の8軒の契約酪農家)の乳を風味や栄養価を損なうことのないようにホモジナイズ(乳脂肪の均質化)していないノンホモで低温殺菌した牛乳を使用しています。

※豊かな自然に恵まれた丹波、但馬では粗飼料は自家製の物を出来るだけ与えています。また濃厚飼料では遺伝子組換えやポストハーベスト農薬の心配のあるとうもろこしは与えずに、より健康な牛を育てるよう酪農家の皆様に日々努力して頂いてます。
粗飼料とは 牛に与えるエサは、粗飼料と濃厚飼料に大きく分けられます。粗飼料とは、草そのものや草からつくられたエサのことで、生草、生草をサイロに詰め、乳酸発酵させたサイレージ、乾草が有ります。 牧場の風景
濃厚飼料とは 濃厚飼料とは、繊維質中心の粗飼料に比べて、デンプンやタンパク質含量が高いエサです。一般的には、トウモロコシ、ぬか類、大豆や大豆粕(かす)、綿実などを混ぜ合わせた混合飼料です。
ノンホモとは ノンホモとは、牛乳成分中の脂肪球を細かく砕く処理(均質化=ホモゲナイズ)をしていないという意味です。
搾りたての生乳を静かに置いておくと、上部に脂肪球(乳脂肪)が浮いてクリームラインという層を作ります。
この脂肪球の集まりが生クリームです。
一般的な牛乳は、クリームが分離しないようにするため、脂肪球に圧力をかけて均質化処理をおこないます。芦屋ぷりん とあっせの牛乳はこの処理をおこなわない、より搾りたての生乳に近い牛乳でバターを作ることもできます。
低温殺菌牛乳=パスチャライズ牛乳とは 1864年フランスの細菌学者パスツール博士が乳質に理化学的変化を与えないで、乳中の有害菌のみを除去する熱処理法を牛乳の殺菌用いたものです。
芦屋ぷりん とあっせでは65度30分殺菌の牛乳を使用しています。
【補足】:市販牛乳の多くは高温殺菌法(120℃で2〜3秒の高温処理)をしておりそのため菌がほぼ死滅し、保存性、流通性もよく一般に多く出回っております。
このページの先頭に戻る


卵イメージと実際の養鶏風景有精卵
「1坪に3羽」というひろい放牧地に放し飼いされて、大地を走り回り、抗生物質フリーの安全な飼料(昆布やわかめ等とGMOの無いバランスのとれた自家配合飼料)を与えられ、土(土中の養分)、緑草を食べて育つ健康な鶏は、コクのある美味しい卵を産むと信じています。

雄と雌を一緒に放し飼いする事でより自然な有精卵が生まれます。
有精卵とは:「有精卵」とは、温めるとヒヨコに孵る、命を持った卵です。
平飼い又は、放し飼いで、オスが1〜1.5割程度いないと、有精卵になる確率が下がります。
ケージで飼っていたら、交尾が出来ないので、有精卵にはなりません。
市販の卵のほとんどは、温めてもヒヨコにならない事が多く、これらは「無精卵」だからと考えられます。

有精卵と無精卵の違いは、生命があるか、ないかの違いです。
栄養学的には、「有精卵と無精卵は同じ」と言われていますが、生き物から生まれてくる卵に命が有るのは必須であり当然の事だと考え、私たちはより安全でより自然な放し飼い有精卵を使うのです。


このページの先頭に戻る
生クリームイメージ生クリーム
風味に多大な影響を及ぼす添化物を使用していない純良な生クリームです。
案外と抗生物質フリーで無添加の生クリームは稀少なものです。

加工工場近隣の、契約酪農家より運び込まれる原乳は、衛生管理を徹底し牛に最適な環境を維持する事で殺菌を1回のみに減らすことが出来、風味が良く口どけの良いサラリとしたクリームが出来上がるのです。

このページの先頭に戻る
オーガニックシュガー砂糖
ミネラル豊富で香りとコクのバランスが素晴らしい、オーガニック粗製糖。
花のような香りの砂糖が有ることをご存じですか?
ご存じの様に砂糖は植物から精製されますが、砂糖をなめて「植物だなぁ」と感じた事はありますか?

とあっせの「芦屋ぷりん」に使用している砂糖はブラジルの大自然の中で有機栽培(無農薬・無化学肥料)されたさとうきびを原料に有機JAS製造工程に基づき色を白くする為の化学物質を一切使用せず、不純物を取り除き結晶化した安全で安心な砂糖です。
薬品による精製を抑えた粗製糖は、しっかりと植物である事を感じる事が出来る砂糖です。精製度を抑え原料糖に近い素朴な味わいと花のような香りのする、それはそれは贅沢な砂糖です。
オーガニックシュガー
製造工程
1.有機栽培サトウキビを収穫・切断・圧搾・糖汁を搾る
2.濾過後、糖汁を加熱
3.不純物を沈殿させ取り除く
4.余分な水分を蒸発させる
5.真空状態で濃縮・結晶化
6.遠心分離機により混合物から糖蜜と結晶に分ける
7.サラッとした状態にする(乾燥)
有機栽培証明書
有機栽培とは ・農薬や化学肥料を使用しない。
・遺伝子組換え由来の種子を使用しない
・種まきや植え付け時期からさかのぼり2年以上、農薬や化学肥料を使用しない畑で栽培する事と定められています。
有機栽培証明書 生産工程管理者認定書 オーガニックシュガー規格書 オーガニックシュガー規格書 オーガニックシュガー規格書
このページの先頭に戻る

おいしいプリン専門店 芦屋プリントアッセのプリン紹介

  ▼お客様の声から産まれた通販プリン、芦屋ぷりん想のお取り寄せはこちら>>

おいしいプリン専門店のお取り寄せ限定プリン 芦屋プリン想の通販ページへ
芦屋プリンとあっせ 幻のプリン
このページの先頭に戻る

芦屋ぷりんの「とあっせ」とは

芦屋ぷりん とあっせはこんなお店です とあっせ女将のご挨拶

芦屋ぷりん とあっせ 店舗の紹介
各種メディアでの紹介
お客様の声

とあっせの店内のイメージ

芦屋ぷりん とあっせが大切にしていること 芦屋品質5か条
芦屋プリン とあっせの軌跡
プリンが出来るまで
無添加が基本のプリンの素材
プリンのレシピ考案者の話
プリンイメージ

その他いろいろご紹介な
素材募集しています
取材・講演お受けいたします


プリン
芦屋ぷりんSOU 先頭に戻る
お取り寄せ限定プリン「芦屋プリン 想」トップへ