ささらいの篠山産丹波黒大豆 極上 黒豆きな粉。マツコの月曜から夜ふかし、おしゃれイズム、ズームインサタデーなどで紹介された丹波篠山で作る究極の黒豆きな粉のお取り寄せサイトです。

マツコの月曜から夜ふかしで紹介された丹波篠山産黒大豆極上黒豆きな粉

TBS「マツコの知らない世界」サンテレビ「お菓子な時間」、雑誌「STORY モデル前田典子さんのおすすめ」 
など多数、芦屋ぷりんをご紹介頂きました


ABC朝日放送「ジモイチドライブ」「ごきげん!ブランニュ」で「幻のぷりん」が紹介されました。

晴れの日のお豆さん 最上級 丹波黒大豆

格別な最上級丹波黒大豆で挽いたきな粉の味、香りはやはり格別です。

丹波黒大豆は、兵庫県丹波地区発祥の黒大豆です。
全国に数ある黒豆の中でも丹波黒大豆はとびきり大きく立派なことで知られております。

大きさだけではなく、味の良さから、昔々は、幕府や宮中に献納され、現在も高級料亭で使用される他、家庭でも、お正月やおもてなしに一品として選ばれるなど長きにわたり愛されてきました。
丹波黒大豆はまさに「晴れの日のお豆さん」なのです。

そんな希少なお豆ですから通常、きな粉などの加工に「最上級 丹波黒大豆」は選ばれません。
形崩れ、小さいなどのお豆を使用します。

しかし、大きさ、味、形、どれをとっても格別な 最上級 丹波黒大豆で挽いたきな粉の味、香りはやはり格別なものです。
「良いものは良いものから生まれる」のです。

お買い物はこちらから

老舗問屋が育て選び抜くとっておきの大粒黒豆

完熟させる事で味は濃くなり、自然乾燥で黒豆独特の香りがより立つお豆に

ささらいでは、大きくて有名な丹波黒豆の中でも、最も大粒で最も品質の良い最上級の篠山産丹波黒大豆を贅沢にも丸ごときな粉に仕立てます。
手間ひま惜しまず作り上げる至極の丹波黒大豆です。

現在、丹波黒大豆の多くは正月の煮豆となります。
丹波黒は大きな豆で育成に時間がかかりますので、正月用に照準を合わせる為には、葉を落とし、枯らすという作業を強制的に行わなければなりませんし、収穫後の乾燥も機械乾燥をせざるを得ません。

しかし、「ささらいの 篠山産丹波黒大豆 極上黒豆きな粉」に使用するお豆は、自然にまかせ豆が枝で完熟するのをじっと待ち収穫、畑で自然にゆっくりと乾燥させる従来の農法を守り育てられたものです。完熟させる事で味は濃くなりますし、自然乾燥されることで黒豆独特の香りがより立つお豆に仕上がります。美味なお豆さんは農家さんの深い想いが育て上げるのです。

上級の煮豆用として販売される豆は、2L以上(10mm以上)。その中でも、特別大粒な3L(11mm以上)の丹波黒大豆はごく僅かで、昨シーズンは収穫量の10%ほどしかありませんでした。その希少な豆は、大きさだけではなく、形状、光沢、乾燥具合、食感などの基準の下さらに選別されます。

選別作業の最終仕上げは、熟達した職人さんの手で一粒一粒行います。何事も、機械化効率化が進む現代において驚くべき事でありますが、手間を惜しまず、手選り選別という伝統の技を貫いていることが、品質高い黒豆を長きに渡り作り続けている秘訣なのです。

豆の育成から、選別、製法まで、長きにわたる歴史と経験とがなければ生まれる事が無かった 最上級 丹波黒大豆を使ったきな粉は、真に贅を尽くした至極のきな粉と言えましょう。

ささらい 独自のきな粉作り

従来のきな粉作りは、乾燥豆を洗い、煎り、製粉します。
しかしささらいでは、乾燥豆を水でふっくらと戻してから煎り、きな粉に仕上げてゆきます。

工程1:黒大豆を4時間前後水浸後、水切りし12時間寝かせる
水に浸けたままだと、うまみや香り、栄養が水に溶け出てしまいますので、
水上げしてからじっくりと時間をかけ戻す事で旨味をとどめたままでふっくらとした状態に仕上げてゆきます。

   ↓
   ↓
   ↓
   ↓

工程2:じっくりゆっくりと煎る
ふっくら戻った黒大豆は時間をかけじっくりとオーブンで煎ってゆきます。
ときおり混ぜ、豆の状態を見ながら、サクッサクッとした食感になるまでじっくりと煎りあげます。

   ↓
   ↓
   ↓
   ↓

工程3:黒大豆を挽き、きな粉に仕上げる
製粉の際、出来る限り熱を持たせる事無く作業することが香り、味を引き立たせるのに一番です。
ここでもゆっくり、じっくり、製粉してゆきます。そして最後、ふるいに掛け、極めを揃えることで出来上がりです。

戻した豆を煎る作業はとても手間のかかることですがささらいでは、この製法をずっと行っております。なぜならば、この一手間が深い香りと味を引き出すポイントであるため欠かす事が出来ないからです。
そして、最後のふるいがけの一手間も熟達の職人が行う事で、極めの細やかさを作り上げる事が可能になります。

贅沢を極めた極上黒豆きな粉は数量限定での販売です

極上黒豆きな粉は、人気TV番組「おしゃれイズム」の企画に技術協力し、生まれました!

ご縁をいただきまして、TV番組「おしゃれイズム」の「極上のきな粉を贈り物に」という番組内の企画に、ささらい 藤岡敏夫が技術協力いたしました。

当店は通常、製菓、料理用としては煮豆用ではない丹波黒大豆を使いきな粉に製粉し使用しております。製菓、料理では、きな粉は主役ではございませんし、量が必要になりますので通常品が適しております。
しかし一転し、「きな粉」を主役と考るならば、主役級の豆で!と思うのは必然です。

ささらいでは、お預かりした最上級の黒豆をきな粉に仕立て、その香り、味に感動し「これはすばらしい!是非、多くの皆様にお召し上がり頂きたい!!」と思いました。

篠山産 最上級丹波黒大豆の希少性からそう多く生産出来るものではございませんので、「極上品」は数量限定での販売になるかと思います。

主役を張る、笑顔さわやかな俳優さんが、大御所様にお贈りした、「極上のきな粉」と同等の「極上 黒豆きな粉」是非この機にご賞味くださいませ。

*なお、番組内では「石臼」にて製粉しておりましたが、当店では電動製粉機を使用しておりますことなにとぞ予めご了承くださいませ。

丹波黒豆の生まれた町 日置からお届けします。

ささらいが店を営んでいる、兵庫県篠山市日置(ひおき)は現在栽培されている丹波黒豆の元の一つ「波部黒(はべぐろ)」が生まれた地です。

日置村(現在の篠山市日置)の豪農大庄屋 波部六兵衛と継嗣 本次郎によって作られた「波部黒(はべぐろ)」は、優秀な種であったため、長く受け継がれ、昭和の頃には在来種(土地固有の品種)となっていました。
昭和に入り、その「波部黒(はべぐろ)」を兵庫県の農業試験場が品種特性などの研究を行った後に、「丹波黒」と命名し種を世に送り出したのが現在の「丹波黒大豆」です。

つまり、日置は丹波黒大豆発祥の地の一つなのです。

日置で営むささらいが、丹波黒大豆のきな粉を作る。
新しい試みですが、それはこの篠山市日置地区に脈絡と受け継がれてきた「黒豆」との関わりを、私たちの形で受け継いだ、いにしえから繋がる想いのリレーなのだと思っております。

お買い物はこちらから
きな粉のレシピ
黒豆きな粉の蜂蜜トースト
きな粉の香ばしさと蜂蜜がベストマッチ!
朝食やおやつにおすすめです。

材料 食パン3枚、バター 大1、黒豆きな粉 大3、蜂蜜 大3

作り方
1、バターは室温に戻しておく。
2、黒豆きな粉、蜂蜜をボールで混ぜ合わせパンに塗る。
3、分量外の黒豆きな粉を茶漉しなどで薄く振り掛ける。
4、オーブントースターで、こんがり焼き目がつくまでトーストして出来上がりです。
黒豆きな粉の蜂蜜トースト
黒豆きな粉プリン
黒豆きな粉の風味とコクを活かしたまったりプリン

材料ぷりん180ccカップ4個分
プリンの材料、牛乳 500cc、きび糖 70g、黒豆きな粉 70g、たまご M2個

材料キャラメル代りの黒豆きな粉蜜の材料
純黒糖 60g、水 60g、黒豆きな粉 60g

プリンの作り方
1、牛乳を沸騰させないように暖める。
2、ボールできび糖ときな粉を良く混ぜ合わせ1の暖めた牛乳を注ぐ。
3、割りほぐしたたまごに、混ぜ合わせた2を少しずつ混ぜ、茶漉しでこす。
4、3をカップに流しいれラップをする。
5、沸かしておいた蒸し器に4を入れ、やや強めの中火で12分蒸す。
  この時蒸し器のふたはずらしておくとスが入らず綺麗に蒸しあがる。
6、蒸しあがったプリンは荒熱を取り冷蔵庫でよく冷やす。

黒豆きな粉蜜の作り方
1、小鍋に水と純黒糖を入れて煮溶かす。
2、1の荒熱が取れたら黒豆きな粉を混ぜプリンにかけて供してください。
黒豆きな粉プリン
極上黒豆きな粉パン
ホームベーカリーを使って簡単!
黒豆きな粉の豊な香がやみつきになります。リベイクするとさらに美味しいですよ!

材料強力粉 250g、黒豆きな粉 45g、きび糖 45g、塩 4g、オリーブオイル 8g
ドライイースト 4g、水 180〜200cc

お手持ちのホームベーカリーの作り方に従ってください。
極上黒豆きな粉パン
黒豆きな粉クッキー
香ばしく自然な甘みが癖になり、ついつい手が伸びてしまうクッキーです。

材料バター 120g、きび糖 80g、たまご 1/2個、黒豆きな粉 50g、薄力粉 120g

作り方
1、室温に戻しておいたバターときび糖を白っぽくなるまですりあわせる。
2、1にほぐしたたまごを2〜3回に分けて混ぜ合わせる。
3、黒豆きな粉と薄力粉は一緒に振るい2に混ぜる。
  小麦粉は粘りが出ないようさっくりと混ぜる。
4、好みの形に整形し160度のオープンで、こんがりと焼き上げ出来上がりです。
黒豆きな粉クッキー
黒豆きな粉シフォンケーキ・17cm型1台分
しっとりふわふわの生地から、黒豆きな粉の香ばしさがほんわりと漂います!

材料卵黄 4個、きび糖(A) 30g、薄力粉 60g、黒豆きな粉 40g、牛乳 30cc
サラダオイル 30cc、卵白 4個分、きび糖(B) 35g

作り方
1、ボールにきび糖(A)、薄力粉、黒豆きな粉を入れて混ぜ合わせ
  次に卵黄、牛乳、サラダオイルを入れて滑らかになるまで混ぜる
2 卵白ときび糖(B)でしっかりしたメレンゲを立てる
3、泡を潰さないように1にメレンゲを2回に分けて混ぜ合わせる
4、潟に流し160℃のオープンで25分焼く
黒豆きな粉シフォンケーキ
黒豆きな粉ドリンク
栄養たっぷりで飲みやすいですよ!

材料 黒豆きな粉 大2、牛乳 1C、蜂蜜(好みで)大1〜2

作り方
牛乳に黒豆きな粉を入れてよく混ぜるだけ!お好みで蜂蜜を加えてどうぞ。
黒豆きな粉ドリンク
黒豆きな粉のパルフェ(アイスクリーム)
乳製品との相性抜群の黒豆きな粉。
アイスクリームがお家で簡単にできます!

材料 生クリーム 200ml、卵 2個、黒豆きな粉 45g、きび糖 30g、蜂蜜 15g

作り方
1、生クリームにきび糖1/2を入れ氷を当て、もったりするまで泡立てる。
2、残りの材料と生クリームを良く混ぜ合わせ冷凍庫で半日ほど冷やし固める。
3、出来上がったらお皿に盛り分量外の黒豆きな粉を茶漉しで掛けて供する。
黒豆きな粉のパルフェ
黒豆きな粉棒
素朴味わいのきな粉棒ですが深いコクと豊かな味わいです。

材料 黒豆きな粉 50g、蜂蜜 25g

作り方
1、厚手のナイロン袋にきな粉とはちみつを入れ、よく揉み込み一塊にまとめる。
2、袋に1つまみのきな粉を入れてナイロンにくっつかない様に麺棒で10cm角に伸ばす。
3、冷蔵庫で2〜3時間休ませる。
4、3をきな粉を打ち粉にして1cm幅に切り中央から数回ねじる。
*きな粉と蜂蜜により練りあがりの固さが違うので様子を見ながら調整する。
黒豆きな粉棒
きな粉の和え衣
作り置きしておけば便利です。
和え衣の黒豆きな粉を使うことで濃くと旨みがたっぷり!
また、煮物やお味噌汁の隠し味に使用すると旨みがグンとアップします。

材料 だし 100cc、薄口醤油 20g、塩 小1/2、黒豆きな粉 30g、みりん 大2

作り方
1、材料をすべて混ぜ合わせます
2、いろいろな野菜をゆで、和えるだけで美味な一品が完成です!
  葉物野菜はもちろん根菜なども美味ですよ。。
きな粉の和え衣
ほうれん草の黒豆きな粉和え

材料 ほうれん草 1束、黒豆きな粉の和え衣 50g、炒りゴマ 適宜

作り方
茹でてよく水切りしたほうれん草を食べ易い大きさに切り、和え衣で和えお皿に盛り捻りゴマをふる。
ほうれん草の黒豆きな粉和え
黒豆きな粉のドレッシング

材料 黒豆きな粉の和え衣 100g、お酢 40g、オリーブオイル 40g

作り方
材料をすべて混ぜ合わせて出来上がり!
黒豆きな粉のドレッシング

 

  • 篠山産丹波黒大豆 極上黒豆きな粉
    120g袋入り 1,865円(税込・送料別



  • 篠山産丹波黒大豆 極上黒豆きな粉
    120g×2袋 桐箱入り 3,500円(税込・送料別

    SOLD OUT

  • オーガニックシュガー
    750g袋入り 972円(税込・送料別




 


注意

発送・梱包について
宅急便の送料はこちらでご確認頂けます。